実は間違いだらけ!?トレーニング法

シックスパックは別にすごくない

腹筋のシックスパックは別に凄い事ではありません。人間の腹筋には、筋が縦び1本、横に2本入っています。この筋は通常は皮下脂肪に埋もれて見えない状態になっています。ダイエットで皮下脂肪を落とせば、この筋が表に出てきて誰でもシックスパックになります。本当にすごいシックスパックは、筋の間にある筋肉が隆起している状態です。間違った解釈をしてしまっては正しいトレーニングができなくなるので注意が必要です。
腹筋の筋肉を隆起させるトレーニングの一つとしてレッグレイズがあります。その名の通り足上げ運動ですが、足が重りの代わりになるので、腹筋に大きな負荷をかける事ができます。シットアップも良いトレーニングですが、レッグレイズなどの別のトレーニングも織り交ぜて行えば、本物のシックスパックを手に入れる事も夢ではありません。

体脂肪率はあまり気にしなくともよい

体脂肪率を気にされる方が多くいますが、実はあまり重要ではありません。むしろ低すぎると不健康な状態になります。適度な内臓脂肪は内臓の一部と言う医者もいます。また、炭水化物ダイエットを行えば、内臓脂肪は比較的簡単に落とせますが、パーソナルトレーナーの指示以外で素人が行うと同時に筋肉も落ちていくので注意する必要があります。
体脂肪率が低くなくても、見栄えのあるボディメイクは可能です。ボディビルダーやプロボクサーは普段はそれほど、体脂肪が低い訳ではありません。彼らは、コンテストや試合前に体重を絞るトレーニングを行い、結果として体脂肪率が低くなっているだけです。高すぎる体脂肪率は問題がありますが、平均値であれば気にせずに健康的な食事をしながらトレーニングに励みましょう。